アイフルの審査※実体験エピソードで知る審査のポイント

アイフルの審査※実体験エピソードで知る審査のポイント


⇒アイフルの審査実体験を見る

 

アイフルの審査について知るには、実際に利用した人の体験談を参考してみるのがおすすめです。
「申込手続きの流れはどうなっているの?」
「即日で融資を受けることはできる?」
「審査って厳しいの?」
そんな疑問も解決する利用者の生の声をまとめました。

⇒アイフルについて詳しくはコチラ

 

次の3つがアイフルの特徴と言えます。

  • 借入までがスピーディ
  • シンプル4ステップで借入
  • 誰にも知られずカード受け取り

特に審査結果は最短30分回答ととてもスピーディなので、お急ぎの融資を希望の方にもおすすめです。

 

アイフル

 

アイフル

実質年率 年4.5~18.0%

最大限度額

500万円
おすすめポイント
最短30分で審査完了
1秒診断で事前に融資可能か審査
シンプル4ステップで借り入れ!
特徴
  • 最短30分で審査完了
  • 最短即日融資も可能
  • ※お申し込みの時間帯により翌日以降になる場合があります

  • 事前にご融資可能か1秒診断
  • 借入れまでがシンプルでわかりやすい
  • 誰にも知られずにカードを受け取れる

 

アイフルの審査はスピーディ

審査や手続に時間がかかるカードローンの場合には、融資まで1週間以上かかってしまうこともあります。
しかし、アイフルなら最短30分で審査結果が回答されるので、申し込みをした日に融資を受けることも可能です。
※お申し込みの時間帯により、融資が翌日以降になる場合があります。

アイフルの申し込みはネットからがおすすめ

書類の郵送が必要な申し込み方法の場合には、どうしても借入まで時間がかかってしまいます。
少しでも早く借りるなら、インターネットから申し込みをするのがおすすめです!

 

審査開始までの時間を短縮する方法

インターネットで申し込みを完了した後に表示されるアイフルのフリーダイヤルに連絡しましょう。
優先して審査をしてくれるので、審査を開始するまでの時間を短縮できます。
審査に通れば、振り込みやローンカードでの借り入れができます。
⇒アイフルのネット申し込みについて詳しく知る

 

※フリーダイヤルへ連絡した時間帯等によっては、お急ぎのご融資のご希望に添えない可能性もあります。

 

アイフルで即日審査・融資を受ける方法

アイフルの審査はとてもスピーディですが、即日での融資を受けるにはいくつか注意しなければいけない事があります。
インターネットから申し込みをして審査結果の通知までの流れは同じですが、口座への振り込みで融資を受ける場合と、カードでの借入で融資を受ける場合で流れ・注意点が異なります。

 

  1. 振り込みで即日融資を受ける方法
  2. ローンカードで即日融資を受ける方法

 

振り込みで即日融資を受ける方法

アイフルは、インターネットや電話から振込予約をすることができます。
もちろん当日融資も可能ですが、受付時間帯によっては振り込みが翌営業日となることもあります。
即日融資を希望する場合には、できるだけ早い時間帯に振込予約を完了することが重要です。

銀行の営業時間が過ぎてしまうと、即日での振り込みは難しくなります。
振込予約で即日融資を受けるには、平日の14:00までに手続を完了させましょう。
難しそうな場合には、ローンカードでの融資を検討してみるのがおすすめです。

 

ローンカードで即日融資を受ける方法

審査に通過したら、近くのアイフルの無人契約機「てまいらず」へ向かいましょう。
「てまいらず」でカードを発行すれば、アイフルのATMや提携ATMから借入することができます。

※提携先CD/ATMにて、お取り引きの都度、手数料が発生します。
※アイフルATMは手数料がかかりません。

「てまいらず」の営業時間

営業時間:8:00 ~ 21:45
朝から夜まで開いているので、仕事前や仕事帰りにも利用することができます。
ただ一部店舗は、営業時間が異なるので注意が必要です。

「てまいらず」は無人契約機ですが、オペレーターがしっかりと契約、カードの発行までサポートします。
操作方法や申し込みに疑問や不安を感じた場合に、すぐに質問することができるので安心です。

 

アイフルの特徴まとめ

アイフルの特徴は何と言っても最短30分という審査スピードの速さです!
即日融資も可能なので、なるべく早く借りたい方におすすめです。※1
さらに、年齢や年収などの4項目を入力するだけで融資可能かどうかの診断をしてくれる「1秒診断」も人気です。※2
審査に通るか不安な方は、まずは「1秒診断」を受けてみるのが良いでしょう。

※1 申込の時間帯によって、翌営業日となることもあります。
※2 診断の結果は、入力情報に基づく簡易なものなので、実際の審査で融資不可となる場合もあります。

アイフル

 

アイフル

実質年率 年4.5~18.0%

最大限度額

500万円
おすすめポイント
最短30分で審査完了
1秒診断で事前に融資可能か審査
シンプル4ステップで借り入れ!
特徴
  • 最短30分で審査完了
  • 最短即日融資も可能
  • ※お申し込みの時間帯により翌日以降になる場合があります

  • 事前にご融資可能か1秒診断
  • 借入れまでがシンプルでわかりやすい
  • 誰にも知られずにカードを受け取れる

 

 

 

アイフルの貸し付け対象者として明記されている条件は、年齢が満20歳以上で定期的な収入を得ているために、借り入れたお金を返済する能力を有している人となっています。
アイフルの融資の対象年齢としては、20歳から69歳までとなっていて、勤務形態としてはアルバイトやパート、自営業者などであっても申し込みをすることが可能です。
担保や保証人を必要としていませんので、安心して利用しやすいキャッシングと言って良いでしょう。
アイフルの審査では、キャッシング申し込み者の属性情報が確認されることになりますので、年齢の他にも勤務先や勤続年数、健康保険の種類や年収、住所などについてチェックが行われます。
個人情報によって属性のスコアリングを行うことで、コンピューターによって審査の可否が決定されることになります。
アイフルの審査内容としては、過去の取り引き履歴などを確認することによる信用情報についても重視されています。
キャッシング申し込み者の信用情報については、お互いの消費者金融業者同士が情報を共有できるシステムとなっていますので、他の消費者金融業者から借り入れを行った際の情報も加味されて判断が行われます。
過去に返済の滞納を起こしていたり、踏み倒しなどの行為、自己破産などの債務整理を行った経験があるときには審査に通る確率が低くなると考えられます。

 

すでに他の消費者金融業者に対して申し込みを行っていて、3社以上から借り入れを受けているときには審査を通ることは難しいと言われています。
ちょっとまとまった額のお金が必要な時、気軽に借りられるイメージのあるアイフルのキャッシングですが、お金を借りるわけですから勿論審査があります。
まず、アイフルに関わらずはじめてキャッシングを利用しようとする方は、自分が審査に通るのかどうか判断が難しいですね。
アイフルの場合、公式サイトで簡易な診断が受けられます。
年齢や職業、年収などを入力するだけで、審査に通る可能性があるかどうか判断してくれます。
この時点でキャッシングできる可能性がないと判断されれば、どこへ申し込んでもお金が借りられる可能性は薄いでしょう。
本申込では詳細な個人情報などを入力する必要があり、それなりに時間がかかります。
最初から無理とわかったら、この無駄な手間をかける必要がなくなるので便利ですね。
ただ、簡易診断で借りられる可能性があるという判定だったとしても、勿論本申込で断られることは大いに考えられます。
断られる原因としては、書類等に不備がない場合、過去5年の間に何かの借入の返済が滞っているということが第一に思いつきますね。
また、年収に対して利用希望額が多すぎる場合も断られることがあります。
総量規制がありますから、年収の三分の一以上の借入を希望しないように気をつけましょう。
そんなに希望額が多くなくて、延滞した記憶もないという方は、とりあえず自分の信用情報を確認してみた方が良いですね。
稀に、自分でない身内などが勝手に借入して延滞しているということも考えられますので、念のため確認してみましょう。

テキスト

カードローン、キャッシングを申し込むなら

人気のカードローンから選ぶ!

  • プロミスで申し込む
  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • モビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • アコムで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • 三井住友銀行カードローンで申し込む
  • 新生銀行カードローン レイクで申し込む
  • プロミスレディースで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む
  • スルガ銀行カードローン リザーブドプランで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?

アイフルの審査※実体験エピソードで知る審査のポイント関連ページ