プロミスの審査実体験|利用者が語る審査・借入の流れ

プロミスの審査実体験|利用者が語る審査・借入の流れ


⇒プロミスの体験談を見る

 

プロミスは、融資をお急ぎの方、カードキャッシング初心者の方にとてもおすすめのカードローンです。
「融資までが早いって、具体的にはどれくらいなの?」
「初心者でも本当に使いやすいの?」
そんな疑問を解決する利用者の体験談を集めました!
ぜひカードローン選びの参考にしてください。

⇒プロミスについて詳しくはコチラ

 

プロミスには、

  • 初めてなら30日間無利息!
  • Webなら即日融資も可能!
  • 郵送物無しのWeb完結申込!

などメリットがたくさんあります。
※30日間無利息サービスには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

特に、プロミスの無利息サービスは借入をした翌日から30日と長くて、とてもお得なんです!

カードローンを比較するとき金利ばかりに注目してしまいがちですが
実は、利用が初めての場合には信用が十分でないので低い金利で借りることがほとんどできないのです。
なので、お得な金利のカードローンをお探しなら、期間内なら利息がつかない無利息サービスのあるカードローンがおすすめです。

 

プロミス

 

プロミス

実質年率 年4.5~17.8%

最大限度額

500万円
おすすめポイント
審査がスピーディだからお急ぎの方におすすめ!
初めての利用で30日間無利息
特徴
  • 30日間無利息サービス
  • ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

  • 安定した収入があれば学生・アルバイトでもOK
  • 来店不要の24時間申込
  • 簡単3秒診断あり
  • 自動契約機でカード発行
  • Web契約で即日振込み可

 

プロミスの実体験まとめ

急な出費でプロミスを利用した体験談(30代男性)

借り入れの経緯

プロミスでのキャッシング実体験をお話しします。
私は、いつもカンタンにキャッシングできて便利なプロミスを利用しています。というのも、体調を崩して収入が少し減ったのと、友達の結婚式が続いた為、現金が急に必要になったからです。いつもは、辞めたい辞めたいと思っていた会社でしたが、その時だけは会社員をやっていてよかったと思いました。

 

プロミスを選んだ理由

プロミスにした理由は、やっぱり名前を知らない会社より、大手の方が安心かなと思ったからです。プロミスは思った通りスタッフの方も礼儀正しく、電話ですが非常に親切に応対してくれて助かりました。申込はWEBからなので、実際に店舗に出向いたのは融資が決まってからですが、まったく店舗に行かなくても振込キャッシングというシステムを利用することもできます。キャッシュカードが不要な方はネット銀行口座などに振込指示をすることができるようです。私はカードを作りたかったので店舗に行きました。

 

申込手続きの流れ

審査には特別な書類は必要なく、身分証明書類として運転免許証と源泉徴収票があったので写真を撮ってメールで送りました。勤務先にも一度、在籍確認の電話がかかってきましたが、とても自然な感じだったので会社の人はお客さんか誰かだと思っていると思います。本当にスムーズで、いやな気持ちになったことはありません。

 

プロミスを利用した感想

 

体調が回復してからは、今も相変わらず同じ会社に勤めています。カードを作って1年くらいした頃に、融資限度額の増額のお話しをいただいたので、その年の源泉徴収票を提出したら金額を引き上げてくれました。金額によって返済金額は異なりますが、たくさん借りても返済金額が急につり上げられるわけではないので、無理のない返済ができています。

以上がプロミスでのキャッシング実体験です。参考になったでしょうか。
⇒プロミスのスピーディな審査について詳しく知る

 

給料日までしのぐためにプロミスを利用した体験談(50代男性)

借り入れの経緯

私は、どちらかというと夜の付き合いの多い業界で働いていました。週に2回は会社帰りにお酒の御付き合いがあり、少ないお小遣いの中で、なんとかやりくりをしていましたが、当然足りなくなります。嫁には、これも仕事のうちだからとお小遣い前借りの連続で、呆れられていました。前借りする度に嫌味を言われるので、だんだん嫁に言わなくてなりまして、自分でなんとかしようと思うようになりました。そんな時にふと電車の中吊り広告に〇〇に利息無料キャンペーンなんてやってる広告を見つけるのです。消費者金融のイメージはあまり良くなかったのですが、キャンペーンに惹かれ申込を決めました。

 

申込手続の流れ

その広告を見た時の通勤電車の中で、スマホから申込をしました。すると午前中のうちに携帯電話にメールがあり、審査が通りましたとの連絡。更に電話で本手続きに入るので、という確認の電話があり、会社に在籍確認をするが、個人名の方が良いか尋ねられました。個人名でお願いするとすぐに会社にあり、本人確認のうえ、審査が終わったら再度連絡しますとのこと。しばらくするといつでもカードを発行出来るので、店舗か無人契約機に来店を促されました。その日の夕方に無人契約機にいくと必要な書類を書いたらカードを受け取れました。その日からすぐに借り入れできるというので、驚きです。

 

プロミスを利用した感想

お金が必要な時って、誰にでもあると思います。今月の給料やお小遣いでは、ちょっと足りない。特に人付き合いの多い季節は、足りなくなる方も多いのではないでしょうか。カードローンなら決められた借り入れ枠の範囲で出し入れできるのでとても便利です。最近では、芸能人が様々な金融機関のカードローンのCMをやっているので、昔に比べるとだいぶ垣根が低くなったのも利用を決めた一因だと思います。
⇒プロミスの無利息サービスについて詳しく知る

 

プロミスの審査について

プロミスは、審査がとてもスピーディなので「できるだけ早く借りたい」という方におすすめです。
プロミスの審査時間、申込・審査の流れについて説明していきます。

 

プロミスの審査時間

プロミスならスピーディな審査で最短30分で審査結果を回答してくれます。
即日融資も可能なので、お急ぎの方にも人気です。

借り入れ診断で事前にチェック

「審査に通るか不安・・・」という場合には、借り入れ診断を利用してみましょう!
生年月日年収他社からの借入総額の3点を入力すれば、借入可能かどうかをすぐに診断してくれます。
診断後に、そのまま申込手続きに入ることもできるので、まずは「借り入れ診断」を利用してみるのが良いでしょう!
※診断結果は簡易的なものなので、実際の申込で融資不可となる場合もあります。

プロミスの申込・審査の流れ

プロミスは、シンプルな3ステップで申込から、借り入れまで完了できます。
1. 申込
PC、スマホから24時間いつでも申込できます。
入力フォームに、氏名や住所、勤め先などの情報を入力していきます。
このときに、Web契約か、来店してカードを発行するかも選択します。

 

2. 審査
申込情報に基づいて、審査が開始され、希望の方法(メール、電話)で審査結果が回答されます。
審査に通った場合には、契約可能な限度額も通知されます。

 

3. 借り入れ
借り入れはWebか来店の2つの方法から選択することができます。

 

  • Web
  • インターネットや電話から振り込みキャッシングの依頼をします。
    依頼を受付した時間によって次のような振り込み時間になります。

    曜日

    受付時間

    振込時間

    平日

    0:00~9:00

    当日9:30頃

    9:00~14:50

    受付完了から10秒程度

    14:50~24:00

    翌営業日9:30頃

    土・日・祝日

    0:00~24:00

    翌営業日9:30頃

    曜日・時間に関係なくすぐに振り込んで欲しいという方には、「瞬フリ」サービスがおすすめです。
    ※瞬フリサービスには、三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座の登録が必要です。24時間最短10秒でお振込み可能。

     

  • 来店
  • 来店で借入する場合には、お近くの自動契約機・店頭窓口へ向かいましょう。
    キャッシング利用可能時間は、次の通りです。
    店頭窓口 平日:10:00~18:00
    ATM 平日・土日:7:00~24:00
    ※店舗により、営業時間が異なる場合があるので注意しましょう。

 

プロミスの特徴!こんな人におすすめ

プロミスの特徴は何と言っても、30日間の無利息サービスがあることと、Web契約なら即日融資も可能なことの2つです。
なので、プロミスは次のような方にとてもおすすめです!

金利がお得なカードローンをお探しの方
なるべく早く借りたい方

 

プロミス

 

プロミス

実質年率 年4.5~17.8%

最大限度額

500万円
おすすめポイント
審査がスピーディだからお急ぎの方におすすめ!
初めての利用で30日間無利息
特徴
  • 30日間無利息サービス
  • ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

  • 安定した収入があれば学生・アルバイトでもOK
  • 来店不要の24時間申込
  • 簡単3秒診断あり
  • 自動契約機でカード発行
  • Web契約で即日振込み可

 

 

 

消費者金融は数多くありますが、中でも有名な消費者金融にプロミスがあります。このプロミスにも当然のことながら審査基準を設けております。

 

プロミスか定めている審査基準とは、公式ホームページで確認がきる基準は年齢が年齢20〜69歳までで、本人に安定した収入があることとなっております。

 

プロミスでは安定した収入があれば、雇用形態は問わないとのことですのでアルバイトやパートであっても安定した収入が見込める方であれば、借り入れることができるようです。

 

上記の基準はあくまでもホームページで確認ができる範囲ですが、これ以外にもあるようですので見ていきましょう。まずプロミスの審査では利用者を属性ごとに分類して点数をつける属性スコアリングシステムを使用して判定をします。

 

この属性スコアリングシステムはコンピュータが自動で行うものですので、短期間で公平な審査結果が出るシステムになります。

 

審査項目は勤務先の情報や年収、勤務年数などの仕事関係のことから、年齢、家族構成、居住形態、居住年数、加入保険種別、電話区分などとなっております。

 

これらの項目を総合的に判断していきます。例えば雇用形態はアルバイトやパートなどの非正規雇用よりも正規雇用のほうが有利で、さらに有利となるのが公務員になります。

 

これらの項目よりも重要な項目は他社での借入れ状況や過去の借入履歴、返済遅滞や債務整理などの金融事故になります。

 

それらを総合的に判断をした上で、その方が返済能力があるのかどうかを判断していきます。これがプロミスの審査基準となっております。

 

 

お金はいつどんな時に必要になるかわからないので、普段からしっかりお金を貯めておくことは大事です。
しかし病気や突然の冠婚葬祭などで、蓄えを使ってしまうこともあります。
どうしてもお金が必要な時は知り合いに頭を下げて借りるよりは、金融業者から借入をするといいでしょう。
金融業者への借入は保証人や担保を必要としないことが多く、誰にも迷惑をかけることがありません。
金融業者を選ぶ時はどこに申し込めばいいか迷いますが、どうしても急いでお金が必要な場合はプロミスに申込むといいでしょう。
プロミスならば審査がとても早く、即日融資も可能です。
プロミスの申し込みは、わざわざ店舗まで行かなくても、パソコンや自動契約機から申し込めます。
パソコンならば24時間いつでも申し込めるので、忙しい人にはとても便利です。
必要書類は運転免除証や健康保険証などの本人確認証と、源泉徴収票や確定申告書などの収入証明書ですが、50万円以上の借入でなければ収入証明書は提出する必要がありません。
パソコンから申込む場合は、必要書類をカメラで撮影してメールで送信するだけなのでとても便利です。
申込むと審査が始まりますが、プロミスはコンピューターによって、自動的に結果をだすので、短い時間で公正な審査が期待できます。
他社からの借入があったり債務整理をしたのに隠して申告しても、信用情報機関ですぐに調べられるので正確に申告することが大事です。
申し込み書の時に誤字脱字があると、審査に落とされるのでよく確認してから申し込みましょう。

 

消費者金融のカードローンを利用したいと考えている人は多いと思いますが、申込みをしたときには審査を受ける必要があります。
初めてカードローンを利用するときには、どのような審査が行われるのか不安に感じている人もいると言えますので、事前に情報を仕入れておくことが大切です。
人気のあるカードローンとしてプロミスがありますが、申込みできる年齢の基準は20歳以上から69歳までと決められています。
年齢条件を満たしていない人はカードローンを利用できませんので、事前に把握しておく必要があります。
また、プロミスでは安定した収入を得ておくことも借り入れの条件となっていますので、収入のない専業主婦は利用することができませんが、アルバイトやパートなどをしていれば主婦や学生も融資が受けられます。
審査では申込者を属性によって分類して、点数によって判断する属性スコアリングシステムによって判断されます。
コンピューターを使って審査を行うことで、短い時間で一貫性のある判断をすることが可能となり、すぐに結果が出ますので即日融資を受けることができます。
審査項目として、勤続年数や勤務先、年収などの情報の他、家族構成や居住形態、保険の種類、電話区分なども記入する必要があります。
プロミスでは本人確認のために健康保険証や運転免許証の提出が義務付けられていますので、事前に用意しておくようにしましょう。
本人確認書類はスマートフォンや携帯電話のカメラで写真を撮って、メールやアプリで送信することでも提出できます。

実際に私がプロミスで借り入れをした経験から、ブラック認定をされた債務者の人の中には、チェックしておいた方がいいのではないでしょうか。実体験として借り入れをしてみたら思わぬことがあった、キャッシングでお金を借りるには、今度は『ビジネスサポートカードローン』について見てみましょう。キャッシング業者は多々ありますが、そこで便利に素早くお金を借りられる所として出てくるのが、大きな金額や他社とあわせて複数の借り入れを作ってしまう。銀行のカードローンは審査時間がかかってしまったり、今まで使ったことなかったんですが、借り方の違いで差が出ます。 消費者金融ではプロミスとアコムを利用していますが、銀行グループの消費者金融で安心感が、申し込みから数分で審査をしてもらうことができます。初めてみずほ銀行カードローンに申し込む方は、キャッシング実体験とは、ズコーンと審査落ちてしまったそうなんじゃ。水商売に関係なく会社で働いている事が必要になるんだけど、もしくはプロミスの店舗、消費者金融のイメージが昔より良くなったという感じはあります。カードローンを契約した際はパートだったので、女性用のサービスも出ているので、どんな借り方なのでしょうか。 一人暮らしなので生活が苦しく、体験談からわかる審査通過のための対処法とは、などなどサービスが充実しているからでしょう。実体験として使ってみた人たちからのリアリティのある感想は、みずほ銀行とオリックス銀行の審査通り、利用したことがなければ。アイフルでは夫の収入は審査実体験の参考程度で、このホームページでは、提携する銀行やコンビニも利用できます。オリックスVIPローンは、実は自分はいまだにガラケー愛用者なのですが、実は大きく異なった分類なのです。 プロミスなどの消費者金融は、最短1時間で融資と、土日も借りられるかすぐわかります。キャッシングを利用したいけどちょっと不安、カードローンの申し込みをして、この広告は以下に基づいて表示されました。最低返済額2000円、パソコンやケータイからお財布コインを貯めて、忙しい現代人には欠かせないツールの一つとなっでます。銀行お金の借り方として、全てはとても紹介しきれませんので、キャッシングの借入れ方法の詳細情報を確認することができます。 銀行の給料は私が予想していたよりも多く、悪いキャッシングの仕方をしてしまい、かプロミスにしようと思っていると。カードローンの審査合格するためには、審査は通るんだろうか、審査通過する消費者ローンとは?|カードローン情報も。キャッシングをするなら、過去に滞納や遅延、たいてい急ぎの用があるときです。分類の名前は非常に似ていますが、店舗も無人機も数を増やしつつあるとはいえ、また借り方のルールも無いと思います。 当サイトに体験談を寄せていただいた、旦那(家族)にバレないか心配、基本的に消費者金融では上限金利が18。実体験として使ってみた人たちからのリアリティのある感想は、勤続年数が1年以上、カードローンもあり得るけど。振込キャッシングの場合、家族に知られてしまうのは困る、自由に借り入れや返済ができます。お金の借り方でまず疑問に思われることが多いのが、借入の申し込みをし、全国津々浦々というわけ。 実際に落ちる方はほとんどのいませんが、そんなプロミスでは、金銭的な余裕はそこまで大きくありません。二輪ローンの比較は、カードローンの即日融資、資産を危険なことにたたせることもあるからです。キャッシング業者は多々ありますが、債務整理をした人が、まずは大手消費者金融会社からチェックしてみましょう。借り方などしたら、借りやすいことは借りやすいのですが、カードローンといってもキャッシングとは違う。 一人暮らしなので生活が苦しく、特に給料日の数日前に、最短30分という圧倒的な速さで審査を受けることが可能です。自身の好きなことが割安で利用と出来る場合、審査実体験のきつくないキャッシングやカードローン等を利用した方が、すぐに審査をしてもらうことができません。プロミスには他の消費者金融キャッシングとは異なる、果たしてプロミスで借りるにあたってのデメリットや、素早い審査実体験が魅力的な三井住友銀行系列の大手消費者金融です。キャッシングとじぶん銀行カードローンは、借り方のコツをきちんとつかんでから申し込む方が、名前の通りに手続きの早さが特徴のカードローンです。 一人暮らしなので生活が苦しく、プロミスの「瞬フリ」サービスは、ズコーンと審査落ちてしまったそうなんじゃ。私の場合はカードローンの利用自体が初めてということもあって、カードローン会社が必ず確認したいのは、借り入れの限度額に制限があるという事はご存知の方も。昔は少し抵抗があったけど、果たしてプロミスで借りるにあたってのデメリットや、プロミスの看板が見えました。三井住友銀行グループの「プロミス」は、はっきり説明できる人が多くないのも、主婦の利用者も年々増えています。 当サイトに体験談を寄せていただいた、ブラック認定をされた債務者の人の中には、審査で重要視するポイントが少しずつ違うようです。実体験として借り入れをしてみたら思わぬことがあった、会社員である事(中小企業でOK)、キャッシングをする。勤務先への在籍確認も書類の提出で回避できるので、借り主である女性が、プロミスの即日融資も可能なサービスです。カードローンとフリーローン、お金を借りざるを得ない人も多いと思いますが、そんなカードローン会社の大手といえばやはり「レイク」でしょう。

カードローン、キャッシングを申し込むなら

人気のカードローンから選ぶ!

  • プロミスで申し込む
  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • モビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • アコムで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • 三井住友銀行カードローンで申し込む
  • 新生銀行カードローン レイクで申し込む
  • プロミスレディースで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む
  • スルガ銀行カードローン リザーブドプランで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?

プロミスの審査実体験|利用者が語る審査・借入の流れ関連ページ